消臭対策は日頃の掃除から!その消臭術ってどんなのがあるの?/The Best Cleaning

悪臭対策の方法を知っておくと便利

悪臭対策は、その方法を知っておくことでより効果を発揮できたりします。また、その場所に合った悪臭対策ができますから、効率が良いです。では、よく聞く消臭と脱臭の違いについてご説明したいと思います。

消臭と脱臭の違いってなに?

消臭

消臭とは、悪臭を消してしまうことです。臭いの元の物質を化学的に消し去ることができるので、薬剤などを使って消臭できる消臭剤や消臭スプレーなどがあります。その薬剤が消すことのできない臭いであれば、化学反応を起こさないので消すことはできません。

脱臭

脱臭とは、染み付いた臭いを抜き取ることです。臭いを吸着するものに吸着させて、物理的に悪臭を臭わない状態にします。靴箱やタンスなどの狭い範囲に向いています。脱臭対象を選ぶことができないので、いい香りのものも脱臭してしまいます。

日頃の掃除がポイント

清掃用品

家庭の中にある臭いの原因はさまざまです。その一つが水回りです。キッチンの生ごみと排水溝から来る悪臭の元は水分です。生ごみは放置せず、新聞紙などの吸湿効果のあるもので包み、ビニール袋で密閉しましょう。また、重曹のようなアルカリ性のものを振りかけると、中和消臭する効果があります。風呂場も石鹸やシャンプーの成分、体から出るアカがカビを発生させる原因になります。使用後は冷水で流し、ふき取ること、換気をして風呂場内を濡れたままにしないことが大切です。次に玄関です。靴を長時間履いていると、汗で蒸れて雑菌が増殖しやすくなります。この靴をすぐに下駄箱へ入れてしまうと臭いがこもってしまいます。なるべく風通しのよい場所に置く、乾燥剤を靴底に入れるなどで、乾燥させることが大切です。毎日使うトイレも注意が必要です。尿に含まれるアンモニアという物質が、独特の臭いを発生させます。エタノールでふき取ると中和されるので、こまめに掃除をしましょう。

専門業者に相談して即解決

水回りの臭いや、トイレなどは日頃からこまめな掃除を心がければ、ある程度防ぐことができます。しかし、一度染みついたタバコやペットの臭いはなかなか消臭できず、芳香剤を置くだけでは根本的な解決になりません。また、最近の家やマンションは気密性が高く暖かい反面、通気性に欠けているので、カビが発生しやすくなっています。木造建ての古い家は湿気をためやすく、床下にカビが発生している場合もあります。このような長年にわたって染みついたものや、家の構造上の問題で発生するものに対して、専門業者へ相談する人が多いようです。専門業者へ消臭依頼をしてからの基本的な流れを紹介します。消臭作業の内容はそれぞれの依頼によって異なるので、まず専門スタッフが自宅へ訪問し、状況確認をしてから消臭作業内容を決定します。それに合わせて料金の見積もりを出し、依頼者側が検討します。納得すれば作業日時を決定し、当日消臭作業に入ります。

広告募集中